オンサイト・プロクタリング

TAO のプロクタリング機能を使うと、配信の管理者が配信を監視することができます。教師や管理者は、試験監督の役割を担うことで、受験者の試験の進捗状況を確認したり、配信状況のレポートを提出したり、必要に応じて介入することができます。プロクターと、1人または複数の受験者の2つの役割があります。

注:Proctoringは、TAOのPremium/Ignite Edition(またはそれ以上)の一部として提供されます。Community Edition をお使いの場合は、拡張機能 taoProctoring をインストールする必要があります。インストール方法については、ユーザーガイドの「Extensions Manager」の項を参照してください。

以下の手順で、配信にプロクターを割り当てることができます。

1.ロール「proctor」を持つユーザーを作成します。

この方法については、「ユーザー管理」の項を参照してください。

プロクターをユーザーとして追加する
プロクターをユーザーとして追加する

2.プロクタリングが必要な配信の作成

See the chapter Create a Delivery for details on how to create a delivery.

新しい配信に関連するプロパティが、画面中央のキャンバスに表示されます。プロパティリストの下部にある「プロクタリングを必要とする」にチェックを入れ、配信を保存してください。

デリバリーの設定
デリバリーの設定

3.プロクターとしてログインする

プロクターが必要なすべての配信のリストが表示されます。

プロクターが必要な配信
プロクターが必要な配信

4.プロクターを希望する配信のモニターをクリックします。

このセッションにログインしているすべての受験者のリストが表示されます。受験者は、日付やステータス(開始、終了など)でフィルタリングすることができます。

受験者を日付で絞り込む
受験者を日付で絞り込む

If you’re using TAO Advance instead of the classic TAO 3.x test runner, the monitoring screen available to proctors will look slightly different from the image above. In TAO Advance, the candidate number will be displayed below the name of each test-taker.

注:あなたが試験監督としてログインした後にログインした受験者を確認するには、「refresh」をクリックする必要があります。誰もログインしておらず、続行したい場合は、ステップ 5 に進んでください。

これで、この配信に対する以下のアクションを実行することができます。

  • Authorize: Authorize a test-taker or group of test-takers to start the session
  • Pauseセッションを一時停止する(例:中断があった場合
  • ターミネイトセッションの停止(例:停電の場合
  • Change time: Adjust the amount of time allowed for a test session
  • 報告するイレギュラーを報告する
  • Historyセッションの履歴を確認する

Note: the above steps are only possible if one or more test-takers have been assigned to the delivery, and are logged in to a session. If no test-takers are logged in to the session, it is not possible to monitor the delivery. Not all of these options are available in all versions of TAO. If they are available, you will see a corresponding button on the blue bar at the top of the session descriptions.

These actions can be carried out for individual test-takers or for all test-takers. Tick the box next to the names of the test-takers for whom you wish to carry out the action, or, alternatively, you can  select all test-takers on session by checking the Session box on the top left.

Most of the actions are self-explanatory. The option Change time needs more explanation. For test-takers who have started but not yet completed a test, the Proctor has the option of adjusting the time of the test. One reason for needing to do this may be, for example, that the computer the test-taker is using crashes. To change the time available to test-takers for completing the test, carry out the following steps.

4.1. Select the test-takers whose time you wish to adjust, and pause the test.

The status of those test-takers will change to Paused.

4.2. Give a reason for pausing the test in the comments box, then click on the Change Time button.

A window will appear, labeled Action: Change time.

4.3. Change the time in the box.

Time can either be added or subtracted. You can only add to the test the time which was missed: the time adjustment function is configured so that it is not possible to exceed this.

4.4. Give a reason for the time adjustment in the drop-down menu Please provide a reason.

If you are happy with the time adjustment, click on OK. The adjusted time will appear in the Changed Time column on the delivery progress screen.

4.5. Authorize the test-taker to continue with the test.

Before the test can be resumed, it needs to be authorized by the proctor when a test-taker signals that they are ready to resume the test session (i.e. their status shows as Awaiting). To do this, click the Play button under Authorize. When the test-taker has re-started the test, their status will change to In Progress.

 

テスト受験者がログインしていない
テスト受験者がログインしていない

プロクタリングオプションを試すためにテスト状況をシミュレートしたい場合は、以下のステップ5を実行してください。

5.プロクタリング機能のテスト

プロクター機能を試すには、テストシナリオをシミュレートする必要があります。これを行うには、プロクターとテストテイカーの両方でログインします。1台のコンピュータでこの作業を行う場合は、2つの異なるウェブブラウザを使用するか、1つのブラウザで1つは通常モード、もう1つはプライベートモードに設定する必要があります。

片方のブラウザでは受験者として、もう片方のブラウザでは試験監督としてログインします。上記の手順をステップ4から続けます。