テストレベルの即時フィードバックの提供

受験者は、自分の評価がどの程度のものであったかについて、直接的なフィードバックを求めることがよくあります。テストを設定することで、テストレベルのフィードバックを即座に提供することができます。

以下の手順で、テストレベルのインスタントフィードバックを提供するようにテストを設定します。

1. Outcome Processingのテストを設定します。

受験者に合格・不合格のフィードバックを即座に提供する前に、テストの採点方法を設定する必要があります。これを行うには、アセスメントビルダーバーの「テスト」をクリックし、ライブラリからテストを選択します。

次に、アクションバーの「オーサリング」をクリックします。これで、テストエディタに入りました。

次に、上部にあるテスト名の右側にある「設定」アイコンをクリックします。これは、3つの歯車が組み合わさって描かれています。

その後、スコアリングパネルを開き、アウトカム処理ボックスのドロップダウンメニューから「カットスコア」を選択します。

次に、テストのカットスコアを定義します。

注:この値は比率(0.0から1.0の間)である必要があり、最大スコアを総スコアで割って計算されます。 カテゴリースコア がチェックされている場合 すべてのカテゴリーに同じカットスコアが適用されます(個々のアイテムには設定されています)。

When a Cut score has been defined, expand Outcome declarations, then regenerate the Outcome variables.

注: 成果変数の全セット は、「 テストの採点」のセクションにあります。

2:合否判定のキャプションを表示します。

生成された結果変数は、適切な合格または不合格のキャプションを表示するために使用できます。

To do this, add a new Test part (or Section) at the end of the test.

Next, add an (informational) Item in the new test part (or section). If you don’t have a suitable item already, you will need to prepare a new one. Follow the instructions in Inserting a Text Block for information on how to create an informational item. In the new item, add in a description such as ‘Test Score and Feedback’. In order for the feedback you wish to give the test-taker to be displayed in a prominent position, it’s a good idea to insert several blank lines at the top of your informational item (in other words, before the text). An example is given in the image below.

Informational item for feedback

Now you are ready to write your feedback. You will probably want to add two types – one for when the test-taker passes the test, and for when they fail. In the new test part (or section) you have created for your feedback, click on the A icon to the right of the test-part/section title. This adds a rubric block to the section. Then, click inside the blue New Rubric Block and insert an appropriate ‘pass’ caption, such as ‘Well done!’. From the style options, make it a heading and select bold to make it stand out.

最初のルーブリックブロックの下にある青い「新しいルーブリックブロック」の中をクリックして、別のルーブリックブロックを追加し、「Hard luck」などの「fail」キャプションを挿入します。

最後に、それぞれのキャプションが表示されるタイミングを指定します。これを行うには、各ルビのブロックの右にある「プロパティ」アイコンをクリックします。右側にプロパティパネルが表示されます。

キャプションを特定のスタイルで表示したい場合は、クラスボックスにスタイルシートを追加することができます。ただし、これは空白にしておくこともできます。

そして、「フィードバックブロック」パネルをクリックし、「アクティベート」ボックスをチェックすると、キャプションがフィードバックとして表示されるようになります。

Select the relevant outcome variable for your test (defined in the test-level properties) from the drop-down menu in the Outcome box, and then a value in the Match Value box which indicates the circumstances in which this caption should be displayed. For pass/fail captions, choose PASS_ALL_RENDERING from the menu in the Outcome box, and enter passed in the Match value box if the caption is for a positive result, and not_passed if the caption is for a negative result. Note: The input in the ‘Match value’ box is case-sensitive.

3.最終結果を見る

テストを保存し、最終結果を確認するために新しい配信を作成します。

The image below shows an example where the test-taker passed the test, and the feedback chosen was ‘Course success you learned the material’. The text beneath it is what was contained in the informational item. Note: This is a generic informational item, which could be used to display the score as well as the feedback. It’s not recommended to leave the informational item empty.

Example of feedback