アイテムの状態

新しく作成されたアイテムドラフトとして始まり、テストで使用する前にレビュープロセスに提出する必要があります。

審査には様々な段階があり、アイテムの状態(ステータス)は、このプロセスにおける当該アイテムの現在の段階を示しています。

新規アイテムの作成
新規アイテムの作成

上の画像のアイテムは作成されたばかりなので、ステータス(状態)は「ドラフト」です。

アイテムをレビューするには、以下の手順を実行する必要があります。

1.レビュー対象アイテムの提出

アイテム作成者は、新しいアイテムを提出して審査を受ける責任があります。

アイテム作成者として、アセスメントビルダーバーのアイテムアイコンをクリックします。これにより、アイテムページが表示されます。左側の「ライブラリ」には、既存のアイテムが表示されます。

次に、レビューに提出したいアイテムをライブラリから選択して表示します。キャンバス上にアイテムが表示され、そのプロパティも表示されます。新しいアイテムを作成すると、自動的にドラフト状態になります。

新しいアイテムに問題がなければ、[レビューのためにアイテムを送信]を選択します。そうでない場合は、さらに変更を加えるか、[Abandon item]を選択します。

レビューのためにアイテムを提出すると、ステータスが「Ready for review」に変更されます。放棄を選択すると、そのアイテムは放棄」と表示されます。

2.アイテムを見直す

Ready for review」と表示された項目を確認するのは、グローバルマネージャーの責任です。

グローバルマネージャーとして、ステータスの説明の下にあるグレーのボックスの「アイテムのレビューを開始」をクリックすることで、レビューを開始することができます。

状態「In Review」に変わります。

アイテムがレビュー中の場合、3つのオプションが表示されます。アイテムを受け入れる」、「アイテムの修正が必要」、「アイテムを拒否する」です。

アイテムがレビューに合格したと判断した場合は、[Accept Item]を選択します。アイテムの状態「最終」に変わります。これで、そのアイテムをテストで使用することができます。

さらに修正が必要と判断した場合、アイテムはアイテム作成者に戻され、作成者が必要な修正を行う必要があります。この場合、「状態」「要修正」に変わります。

拒否を選択した場合、アイテムの状態は「拒否」に変更されます。

3.アイテムの修正

アイテム作成者としてアイテムを修正した後、修正内容に満足した場合はアイテムを再提出してレビューを受けるか、アイテムを放棄するかを選択できます。

アイテムをレビューに再提出」をクリックすると、状態「レビュー準備完了」に戻り、すべてのレビュープロセスが再び始まります。アイテムを放棄すると、そのステータスは放棄」に変わります。

6.アイテムのリタイア

グローバルマネージャーは、アイテムの引退を決定することもできます。この場合、アイテムのステータスは引退に変更され、そのアイテムがもう使用されていないことを示します。

注: アイテムのステータスは、テストでの使用を拘束するものではありません。しかし、テストの組み立て時には、ステータスによってアイテムをフィルタリングし、レビュープロセスに合格したアイテムのみがテストに挿入されるようにする必要があります。

See the section on Creating a test for information on how to use successfully reviewed items in tests.