Classifying items with metadata

インスティテューションのアイテムコレクションが増えてくると、テスト作成者の多くは、与えられたテストに適切なインタラクションのセットを見つけることがますます困難になってきます。TAOのメタデータは、何百、何千ものアイテムがある場合でも、テストに関連するアイテムを簡単に見つける方法を提供します。

注:このセクションでは、アイテムに適用されるメタデータについてのみ説明していますが、テスト、受験者、グループ、配送にメタデータを適用する手順は非常に似ています。

プロパティは、アイテムに入力されるメタデータを定義し、すべてのアイテムに追加することができます。メタデータは、特定のコース、特定の講師、特定のテストなどで使用されるアイテムを識別するのに役立ちます。検索では、これらの特定のアイテムを識別して、簡単にアクセスできるようにします。

注:「検索」オプションは、上級者向けのインストールでのみ利用可能で、正式なリリースには含まれていません。

プロパティの挿入・編集

1.プロパティを追加・編集するアイテムクラスをクリックします。

これにより、そのクラス(フォルダ)の「プロパティ」ウィンドウが表示されます。プロパティは、特定のアイテムに適用されるメタデータを定義します。確認中のクラスのプロパティウィンドウでは、クラスのラベルを変更することができ、そのクラスのすべてのアイテムに設定されているメタデータを構成するプロパティが表示されます。アイテムの場合、最初に表示される4つのプロパティは編集できません。アイテムの場合、最初に表示される4つのプロパティ(「アイテムコンテンツ」、「オリジナルファイル名」、「アイテムモデル」、「ロック」)は編集できない。クラスメタデータのリストにあるその他のプロパティは、編集も必要に応じて削除も可能です。

2.クラス・プロパティ」ウィンドウに新しいプロパティを追加するには、「プロパティ」リストの下にある青い「プロパティの追加」ボタンをクリックします。

これにより、リストの最後に新しいPropertyが追加されます。TAOで使用する前に、情報を追加する必要があります。

3.クラスの[プロパティ]ウィンドウで[プロパティ]を編集するには、[編集]アイコンをクリックします。

編集」アイコンは右にあり、鉛筆のような形をしています。

シンプルモード(デフォルト)では、「編集」アイコンをクリックすると、アイテムのプロパティを編集するためのボックスが表示されます。入力するフィールドは4つあります。最初のフィールドでは、プロパティのラベル(名前)をProperty_Xから変更することができます。2番目のフィールドは、プロパティが言語に依存するかどうかを尋ねます。これは、このフィールドの値が翻訳できるかどうかを示します(デフォルトはfalse)。3番目のフィールドは、フォームフィールドオーダーを求めます。これは、そのアイテムに関連するすべてのプロパティのリストにおける新しいプロパティの位置を定義します。4番目のフィールドは、フィールドタイプを要求します。これは、プロパティがどのように定義され、修正されるかを説明するために重要です。ドロップダウンメニューには、6つの基本的な選択肢があります。

  • テキストショートフィールドロングボックスロングHTMLエディターの3つのオプション
  • リスト(3つのオプション。単一選択のラジオボタン単一選択のドロップダウンメニュー複数選択のチェックボックス)
  • ツリー(複数ノード選択
  • カレンダー
  • パスワード
  • ファイル

詳細モード「編集」アイコンをクリックすると選択できます)では、ボックスが異なります。最初の2つのフィールド(「ラベル」「言語依存」)は同じですが、「フォームフィールドの順序」と「タイプ」が「ウィジェット」の範囲に置き換えられ、「プロパティタイプ」を選択するためのドロップダウンメニュー(ここではさらに多くのオプションが表示されます)と、「リソースウィンドウ」が表示され、そこから「プロパティリソースタイプ」を選択することができます。

このプロパティに適用する値を選択したら、青い「保存」ボタンをクリックします。これでウィンドウが保存され、再読み込みされます。追加したプロパティは、ゴミ箱アイコンをクリックして削除することができます。

4.既存の物件で使用されているリストを編集するには、Assessment Builder Barの歯車のアイコンにカーソルを合わせ、ドロップダウンメニューから「リスト」を選択します。

ウィンドウには、TAOライブラリのプロパティで使用できるすべての利用可能なリストが表示されます。ウィンドウの右側には、TAOセットアップで作成されたアイテムセットに適用される可能性のあるすべてのリストが表示されます。これらはここで編集または削除することができます。

ウィンドウの左側には、新しいリストを作成するためのオプションが用意されています。リストを作成するには、新しいリストの名前と、リスト内の要素数を入力する必要があります。

メタデータを使ってアイテムを検索する

ご注意ください。検索オプションは、上級者向けのインストールでのみ利用可能で、正式なリリースには含まれていません。

1.アイテムの検索で使用する条件を選択します。

青色のアクションバーの右側にある検索ボックスに、関連するアイテムを取得したいプロパティの値を入力します。例えば、複数選択式のインタラクションを含むすべてのアイテムを取得したい場合などです。これは、プロパティの説明で入力したメタデータのいずれかになります。ラベルフィールド(アイテムが検索を容易にするために命名されている場合)、言語フィールド、アイテムタイプ、または検索を実行しているクラスのアイテムに対して定義したその他のプロパティです。

検索をより具体的にするために、値だけでなくPropertyの名前を使って検索を誘導することも可能です。例えば、あるLabelフィールドを持つ全てのアイテムを検索したい場合があります。この場合、検索条件は以下の例のような形にする必要があります。Label:b biology.

2.検索のためのフィルター条件を選択したら、青い「検索」ボタンをクリックします。

そうすると、フィルター条件を満たすアイテムのリストが表示されます。このウィンドウでは、開きたいアイテムを選択することができます。これは、プレビューやオーサリングのため、あるいは単にテストを構築するためにアイテムがどこにあるかを確認するためなどに使用します。